一眼レフで単焦点レンズの魅力を味わう 【交換レンズの選び方】 初心者向け

最終更新日

rens-for-camera

一眼レフで単焦点レンズの魅力を味わう -交換レンズの選び方- 初心者向け

一眼レフを買ったら、ぜひ初めて欲しいのが交換レンズです。

レンズ沼とも呼ばれるほど、実はなかなかハマりやすく抜け出すのが難しいほど

魅力的です。

 

交換レンズの初めての方向けの記事がありますので、よければこちらもご覧ください

今回は、交換レンズの選び方についてご紹介します。

広角、標準、望遠、マクロ、、、一体何を基準に選べば良いの?という疑問に

お答えいたします。

 

レンズの種類を知ろう

一眼レフの交換レンズには、よく見るズームレンズだけでなく、

実に様々な種類のレンズがあります。

 

大きく分けると、4種類ぐらい

広角

標準

望遠

マクロ

があります。 

 

なんとなくどれも耳にしたことがある、と思います。

ただそれぞれがどういうレンズかよくわからない、、のではないでしょうか。

 

一つずつ説明します。 

 

広角 レンズ

広角って言葉だけはなぜかよく聞きますよね

これは名前の通り、角度が広いことの意味です。

レンズだと撮影可能な角度が広い(画角)という意味で、より広い範囲の撮影ができます。

 

スマホなんかに簡単に取り付けるタイプのものもありますよね。

あれと同じで、セルフィーなんかで周りの風景も一緒に入れて撮りたいって時に使うやつです。

  

  

どういう時に使われるかと言うと風景写真建築写真などで重宝されます。

大きい山が撮りたいのに画面に少ししか収まらないとかだと勿体無いですよね。

 

レンズの焦点距離でいうと、15mm~24mm ぐらいですね。

 

広角のレンズでポートレート(人物)写真なんかとっても意外と面白い写真に出来上がります。

 

一つ持ってると写真の幅がかなり広がります。

 

広角で撮られた写真  

  

標準 レンズ

標準レンズって名前がそのままですが、前回の記事でもご紹介した50mmレンズ

がこれに当たります。

 

広角でもなく、望遠でもない、まさに標準的なポジションのレンズなので標準レンズと呼ばれます。

 

こちらの魅力については、この記事をぜひお読みください。

簡単に説明すると、なんでもできるバランスに優れたまさに万能のレンズです。

これ1本さえ持ってれば、もう大丈夫です。

 

初めての交換レンズにぜひオススメです。

 

 

望遠 レンズ

望遠レンズ。これは誰でもどんなレンズか想像できるかと思います。

かなり遠くのものでもはっきり撮れます。

これは中々、スマホとかには全く真似できない範囲のシロモノです。

 

ただ値段もそれなりにします。

焦点距離300mmの望遠レンズが有名です。

よくネイチャーフォトグラファーや、スポーツの現場のカメラマンがよく持っています。

 こういうやつ

  

マクロ レンズ

マクロって言葉もよく聞くけど、、、どういう意味でしょうか。

巨大の意味で、ミクロの反対語でよく使われますね。

 

ミクロでもいい気がしますが、小さいものを大きく写すことができるレンズです。

  

よくこういう写真ありますよね

こういうのはマクロレンズじゃないと撮影するのが難しいです。

 

マクロ以外の普通のレンズは、近ずいて撮ろうとするとピントが上手く合いません。

マクロレンズが優れているのは、そこをしっかり合わせてくれます。

 

なのでこういう植物や、商品なんかの撮影でもよく使われます。

 

用途別、単焦点レンズの選び方 ー初心者向けー

以上がレンズの種類についての説明です。

どんなことができるのか大体わかったのではないでしょうか。

 

それでは、レンズの選び方についてご説明します。

 

初めて交換レンズを買う人向け

何を買ったらいいのかわからない人は、まず50mmを使ってみましょう。

こちらの記事でもありますが、canonの50mmは特に安くて質がいいのでオススメです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Sonyの一眼でもアダプターをつければ簡単に使えます。

詳しくはこちらの記事で書いてあります。 

 

自然が好きな人、山を撮りたい人

上でも書きましたが、間違いなく広角レンズを選ぶべきでしょう。

広角レンズの中でも広角ズームレンズが初心者にはオススメ

少し高いですが、広角でありながらズームが使えるので撮影用途も広げられます。 

風景写真を撮るなら、ぜひ手に取ってみましょう。

オススメ広角ズームレンズ

canon

Canon 広角ズームレンズ EF17-40mm F4L USM フルサイズ対応

 nikon

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED フルサイズ対応

  

植物や商品、物の撮影がしたい人

マクロレンズをオススメします。

物を撮ったりするときには、マクロ以外のレンズでの撮影は難しいです。

オススメのマクロレンズは100mmです。

  

オススメ

canon

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8 マクロ USM フルサイズ対応

nikon

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED フルサイズ対応

  

鳥を撮ったり、スポーツを撮りたい人

これは間違いなく望遠レンズですね、ただ望遠レンズ単体となると

カメラの本体より余裕で高くついてしまうので、初心者には少しハードルが高いです。

 

なので、初めはズームレンズを最も望遠にして使う、というので充分だと思います。

そのうち慣れてきたら、購入を考えても良いのではないでしょうか。

 

もしくは、望遠用のズームレンズが比較的安価なのでオススメです。

canon

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F4L IS USM フルサイズ対応

nikon

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR フルサイズ対応

 

 

  

 

一眼レフをお持ちであれば、ぜひ交換レンズも試してみましょう。

写真の世界が確実に広がります。そして楽しみも増えます。

 

レンズで写真の世界を広げていきましょう!

 

  

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

Translate »