【wordpress 多言語化】 google translateを使って翻訳機能をサイトにつける方法

最終更新日

wordpressサイトをシンプルな方法で多言語化する方法

今回はWordpressサイトを多言語化する方法をご紹介します。

wordpressサイトを多言語化するツールはいくつかあるのですが、今回は無料で使用でき、かつ最もシンプル、素早くできる方法で多言語化する方法をご紹介します。

サイトに翻訳機能をできるだけ早く追加したい、無料で簡単にできる方法が良い、という方にはこの記事でご紹介する方法が間違いなくオススメです。

 

今回ご紹介するツールは,googleが開発しているプラグインgoogle language translaterです。

googleが開発しているだけあって、翻訳機能に関しては完璧ではないにしても十分に使えるものになっています。

 

私のサイトでも導入していて、右上にあるtranslateから翻訳機能が利用ができるのでよければ一度試してみてください。

 

プラグイン google language translaterで多言語化する

通常のwordpressプラグインと同じく、プラグインの新規追加から”google language translater”を検索するとダウンロード、インストールが可能です。

 

設定の画面に移動すると、この様な画面になります。

自分のサイトを翻訳に追加したい言語を選んでチェックマークを入れるだけで完了です。

 

その下の項目では国旗の表示サイズや、”translate”ボタンの色変更などが簡単い行える様になっています。

 

ページ内での翻訳に ショートコードでの利用も可能

無料でここまでできるのは本当にありがたいのですが、ショートコード で出力することも可能です。

固定ページや記事内の好きな場所にショートコード を埋め込むことで、自分の見せたい記事のみで翻訳機能を設置することができます。

 

ショートコード の場合は、上で選んだ言語の国旗の一覧が表示されます。

 

SEOにも適用させたい場合は有料版を利用しよう

単純にサイト内で翻訳機能を追加させたい、という場合は上の機能で十分です。

でも海外ユーザーが検索した際に、自分のサイトを検索結果に表示させる様にしたいと言った場合は、ページ自体を別言語で改めて作成する必要があります。

 

実はこれが結構面倒な作業で、通常はマルチサイト化をしないといけない作業でかなり手間がかかります。

しかし、このプラグイン自体が何と言っても検索エンジンを提供するgoogleが作成したものです。

その辺りはさすがです。チェックを入れるだけで、この様な面倒な作業を自動で行ってくれる機能があります。

この機能は有料になるのですが、月1000円以下で利用ができます。

SEOにも翻訳を適用したい場合は、こちらをぜひ使ってみてください。

 

その他オススメの多言語化ツール

・BOGO

無料で利用できるのがオススメできる点。導入しているユーザーも多く信頼できるが、自動翻訳ではないので少し手間がかかる。

Polylang

上と同じく、自動翻訳機能がないのが欠点

wpml

有料ではあるが年間3000円程〜利用ができ、自動翻訳機能もあり安定してオススメ。

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

Translate »