キーワードプランナーを使ってSEOを向上させよう -導入をわかりやすく解説-

最終更新日

keyword-planner-google

キーワードプランナーを使ってみよう -SEOを向上させよう- 導入をわかりやすく解説

SEOの向上のために、導入しておきたいのがこのキーワードプランナーです。

他にもsearch consoleの使い方を記事にしていますので、もし使ったことのない

方はそちらも読んでみてください。

SEOとは?から知れます!

今回は導入の方法についてご紹介します。  

  

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、googleが運営するgoogle広告用に運用されているサービスです。

検索の際にどのキーワードがどれくらいの頻度で、どれだけの件数がヒットして

いるかを知ることができます。

 

SEOの向上を知っておきたい使いたいツールですね。

 

キーワードプランナーを導入しよう

それではキーワードプランナーの導入について解説していきます。

まずキーワードプランナーと検索すると、すぐに一番上に出てくるので、

こちらをクリックして進みます。

キーワードプランナーに移動し、アカウントの設定をします。

ここから質問が続いていくので全て答えていきますが、

キーワードプランナーのみ使う場合には基本的に、必要のないことばかりです。

仮の回答をしてどんどん進んでいきましょう。

 

ここは自分のwebサイトの情報をしっかり記入しよう。

日本を選択して進みます。

ここの名前も仮でいいです。特に使用しません。

予算も広告を打たない限り必要ないので、そのまま次へで大丈夫です。

お支払い情報は必要なので入力します。広告設定をオフにすれば請求が

発生することはないので、ご安心を。

 

 

それではここまで完了したら、キーワードプランナーへ移動しましょう!

google 広告のダッシュボードに移ったら、自分のwebサイト名の下の方に

一時停止となっているところ、ここをクリックしてこの画像と同じように

一時停止とすれば広告を停止できます。

この設定を忘れると、請求が発生することがあるのでご注意ください。

 

それでは続いて、ツールと設定をクリックします。

そして一番左の項目にキーワードプランナーがあるので選択します。

これで準備完了です。

 

キーワードプランナーを使ってみよう

それではキーワードプランナーを使っていきましょう。

新しいキーワードを見つけるに、自分が探したいキーワードを打ち込みます。

 

例えば、「プログラミング」と入力して検索すると、

「プログラミング」単体でどれぐらい検索されたか、

そしてそれに続いて「プログラミング」と追加のキーワードでどのような

検索が多くされているか。

その競合性まで表示してくれる、かなりの優れものです。

 

ここでSEOを向上させるために見ておきたいポイントがこの追加キーワードと

検索ボリューム、競合性です。

 

もし、PV数もまだあまりなく、SEOを向上させたいのであれば

この検索ボリューム、競合がなるべく少ないキーワード、

ロングテールワード とも呼ばれます。

 

ここのキーワードをメインにした記事を書く、ということを意識して

公開していくとSEO的にも有利になりやすく、上位に上がりやすいです。

 

初めはなかなか上位にヒットさせるというのも難しいですが、このような

隙間のところからまずは狙っていきましょう。

 

この辺りからSEOを上げていきヒット数が増え、そこからの流入を図る

というのが初期的戦略になります。

 

僕もブログの初めの頃はキーワード意識していなかったのですが、

このキーワードプランナーを知って、キーワードを意識するだけで

検索のヒット数はかなり増えました。

 

特に初めの頃は、キーワードを意識しにくいかもしれませんがぜひ

使いこなしていきましょう!

 

もしまだ試していない方がおられれば、ぜひキーワードプランナーを

駆使して、SEOを上げていきましょう!

 

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする