初心者こそ単焦点レンズを使った方が良い【5つの理由】

最終更新日

初心者こそ単焦点レンズを使った方が良い5つの理由

今回は初心者こそ、単焦点レンズを使った方が良い理由について解説していきます。

 

単焦点レンズとは、が知りたい方はこちらの記事をお読みください。

 

単焦点レンズのメリットをよく知らない人にとっては、ズームレンズに比べて

不便そうなイメージを持たれている方も多いと思います。

自分もそうでした。

ズームレンズがあれば、大丈夫でしょ的な。

 

でも実は単焦点レンズは種類が多いだけでなく、メリットもたくさんあります。

今回はそのメリットについて、特に初心者の方にこそ知っておいて欲しい5つの

項目にまとめたので、ぜひ気になる方はお読みください。

 

初心者こそ単焦点レンズを使った方が良い5つの理由 目次

・1、レンズの焦点距離の距離感が掴みやすい

・2、安価で手に入る

・3、軽い、持ち運びしやすい

・4、安いレンズでもそこそこ画質が良い

・5、上達が早い

 

初心者こそ単焦点レンズを使った方が良い理由には、こんな理由があります。

 

それでは一つずつ解説していきます。 

 

 

1、レンズの焦点距離の距離感が掴みやすい

単焦点レンズのメリットをよく知らない人、特に初心者の方にとっては

単焦点レンズよりも利便性からズームレンズを重宝しがちです。

 

単焦点レンズは、ズームレンズに比べて焦点距離が固定されているので、遠くの

ものを撮影するには寄らなくてはいけないし、近くのものは離れなければいけ

ません。

これはその通りなのですが、この不便さが実は重要なメリットでもあるのです。

 

単焦点レンズといっても、焦点距離は様々で広角で言えば15mm程度のものから、望遠だと300mmぐらいまであります。

ズームレンズであれば、18mm~100mmぐらいはカバーできるでしょうか。

 

ズームレンズを使う場合、これらの焦点距離を簡単に変化させて使うことができ

るので、自分が何mmで撮影しているかなどほとんど気にする人はいません。

毎回の様に、焦点距離が変化するので、何mmのレンズで撮影した場合に、

被写体がどれくらいの大きさで撮影できる、というカメラマン的直感の様なものが

長い間カメラを使っていても中々、身につきにくいです。

 

一方単焦点の場合は遠いものは寄らないといけない、近いものは離れないとい

けない、といった不便さがある分、一つの焦点距離での、被写体との距離の感覚

が勝手に掴める様になります。

 

一つ距離を覚えることができれば、他の焦点距離でも大体の予想ができる様になります。

 

 

2、安価で手に入る

単焦点レンズはプロ使用のものだとそれなりに高価なのですが、一般ユーザー向

けのものであれば比較的安価で手に入ります。

 

canonであれば、こちらの50mm 単焦点

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

プロでも十分に使える品質でありながら驚きの低価格で販売しています。

気になる方は、中古でも良いので一度使ってみることをオススメします。 

 

 

 

3、軽い、持ち運びしやすい、

単焦点レンズには、焦点距離が様々ありますが、望遠のものを除くと

ほとんどのものはかなりコンパクトで、持ち運びがとても楽です。

中にはパンケーキレンズといったものもあり、レンズを装着してもほとんど

重さが変わらない様なものまであります。

 

特に初心者の方にとっては、旅行などに持っていくことが多いとも思いますので、

おすすめです。

  

4、安い単焦点レンズでもそこそこ画質が良い

上でも書きましたが、canonの50mmレンズであれば、20,000円ほどの破格の

低価格で新品の単焦点レンズが購入できます。

しかし、質が低いのかというとそうでもありません。

実際にかなり高品質です。この商品の場合は、重要なレンズ以外の部品を安く作

りあげている印象は否めませんが、写りは抜群です。 

 

単焦点レンズで撮影した写真はズームレンズに比べて、誰が見てもわかるほど

明るく綺麗に映ります。

ズームレンズは構造上、中に存在するレンズの枚数が多い分、光を取り込みにく

く、写真に歪みが発生しやすいです。

 

その分単焦点レンズは、高価な物でなくとも歪みも少なく、明るく映ります。

 

 

 

5、上達が早い

初心者の方、特にもっと写真が上手くなりたいという方にとっては、一番大事

なポイントかもしれません。

単焦点レンズを使用すると、上達のスピードが段違いに早くなります。

その理由は1で書いた”距離感を掴むことができるから”です。

 

これは写真を撮る上で一番重要なことかもしれません。

撮影するときに距離感を掴むことができれば、シャッターを押す前にある程度

撮影できる写真が想像できます。 

 

想像さえできればカメラを構える必要がなくても、どこでどの様に撮るのが

良いのか、を自然と考えられるのでカメラを構えたときには後はシャッターを

押すだけです。

  

初心者の方が、写真を上達するには、ここでは深く触れませんが、

フィルムカメラの一眼レフで単焦点レンズを使うことが一番のおすすめです。

 

もし興味のある方は、ぜひ単焦点レンズを使ってみましょう

 

フィルムに関してはこちら

 

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

Translate »