インターネットの仕組みを知ろう ーサーバーって何? ドメインとは?ー わかりやすく解説(初心者向け)

web-server-image

インターネットの仕組みを知ろう ーサーバーって何? ドメインとは?ー わかりやすく解説(初心者向け)

今回はインターネットの基本、サーバーとドメインについて解説します。

サーバーやドメインって聞くと何となくイメージは持っているけど

具体的に説明するとなると難しいって人多いのでは?と思い今回書くことにしました。

 

知らなくても生活はできるけれど、間違いなく知っていて損はないので、ぜひ読んで頂ければと思います。

自分のwebサイトを持つ時にどうやって動いているかがわかると、とてもスムーズに行動できます。 

webサイト作ったことはあるけど、実はその辺りが曖昧な人もぜひお読みください。

 

プログラミングにちょっとだけ興味があるという人はこちらもぜひ

  

この記事で得られるもの

・インターネットの仕組みがわかる
・サーバーとは何か、がわかる
・サーバーとは何か、がわかる
・ドメインとは何か、がわかる
・webサイトを作る時スムーズになる
・webの話が少しできるようになる

 

今回のトピック

・インターネットとは?
・インターネットの仕組み
・サーバーとは?
・ドメインとは?
・まとめ
・オススメのサーバー,ドメイン

それでは一つずつ見ていきましょう

 

[adsense]

・インターネットとは?

まずはインターネットとは?について解説します。

インターネットぐらいわかってるよ!という方が大半だと思いますが、

意外と具体的に説明できる人って少ないのではないでしょうか。

 

[adsense]

インターネットはこうして始まった

元々は軍事用途として開発されたインターネット。1960年代初頭にテロにより、

電話中継基地が破壊され、電話という手段が使えなくなったことにより、新たな

通信手段として開発が始められたそうです。1969年にアメリカで、電話回線を利用して、

各大学間での複数のコンピュータ同士で情報をつなぐインターネットが初めて、

運用されたと言われています。

 

これも初めはテロからとは、さすがアメリカといったところですね。

現アメリカの研究機関DARPAと呼ばれるところで研究開発されたそうです。

 

“p2p”から”クライアントサーバーネットワーク”へ

初めの段階では、p2pと呼ばれる(peer to peer :”同僚から同僚へ”という意味)1対1で

情報をやり取りするネットワークシステムでした。

これでは情報量が増えると限界がくるので次の形態です。

“クライアントサーバーネットワーク” と呼ばれ、

クライアント(client:顧客)とサーバー(server:奉仕する者)の2種類に

コンピュータを分けることにしました。

これによって同時に複数の情報のやりとりが可能になりました。

この形式でどんどん数が増えていき網の目のように広まったのが

現在のインターネット”です。

 

[adsense]

・インターネットの仕組み

それではインターネットはどのようにして動作しているのかを解説します。

まず私たちがPCやスマホからWifi、ルーターを通して通信が行われます。

そして”サーバー“に接続されます。

  

“OOのwebサイトが見たい!”  という時にまずURLにアクセスします。

その時にリクエストを送る先がこの ” サーバー ” です。

  

“OOのwebサイトの情報をください” というリクエストを送った後、

リクエストに対して情報を サーバーレスポンスとして返してくれます。

 

そうして受け取った情報をPCやタブレット、スマホなどで読み取ります

そして画面に画像や、文字として表示されることで私たちが目にすることができ

るようになる、という一連の流れがインターネットの基本的な仕組みです。

 

サーバーあるいはクラウドと呼ばれるもの、ここに常にデータの送受信を繰り返している、というのが今の日常の通信背景です。

 

  

[adsense]

・サーバーとは?

インターネットの仕組みでお伝えしたように、サーバーとは簡単に言うと”インターネットの処理に特化したコンピュータ”です。

 

先ほども書いたように、サーバーは各ユーザーから受け取ったデータをに基づき

レスポンスとして情報を返します。

 

ではその情報を置く場所が必要なわけです。

例えば、このさすらいブログの情報をアクセスした人が受け取るためには、

サーバーに情報がある状態でないとサイトの情報がユーザーに渡せません。

 

どんなwebサイト、webアプリも必ずどこかのサーバーを使用しています。

 

サイトを開設する際必ず行うサーバーの契約は、

サーバーの管理会社の持つサーバーサイトの情報を設置させてもらうという

ことに当たります。

現在の世界最大のサーバー管理会社は、実は馴染みがないかもしれませんが

ECでお馴染みのamazonです。AWS(Amazon Web Service)と呼ばれます。

 

  

   

・ドメインとは?

それでは続いてドメインについて解説します。

これもインターネットを触っているとよく聞く言葉だと思います。

   

このブログのホームのURLは、https://sasurai-blog.jp です。

このURLで言えば sasurai-blog.jp がドメイン名になります。

      

ドメインとは、簡単に言うと “家で例えるところの住所” です。

このドメイン名を頼りにサーバーへとリクエストを送ることができ、

求めるwebサイトの情報を受け取ることができるのです。

   

   

  

  

DNSサーバーとIPアドレス

少し難しいかもしれないのですがこちらも簡単に解説します。

ドメイン名は私たちが使い易いように名前を変えられるようになっています

  

しかし、実際にはサーバーが必要とする情報はIPアドレスというもので、

これは私たちが識別し難いものです。

 

そこでDNSサーバーというものが登場します。

このDNSサーバーとは簡単に例えると翻訳機になります。

関連づけられたwebサイトのIPアドレスとドメインをつなぐ役割

を持っています。

     

順番としてはユーザーがリクエストを送ると

まずDNSサーバーへ

DNSサーバーが関連づけられたIPアドレスを特定

IPアドレスを受け取ったユーザーが今度はwebサーバーにリクエストを送る

webサーバーからwebサイトの情報を受け取る

といった流れになります。

 

実はこういった複雑な処理が、一瞬で行われています。

昔のインターネットがものすごく時間がかかっていたというのも理解できますね。

  

[adsense]

  

まとめ

サーバー

webサイトやアプリなどが、各ユーザーに対してデータを受け渡しするコンピュータのこと

サーバーがあるおかげで、複数のユーザーが同時にアクセスできる

webサイトを作る際にはサーバーを利用する必要がある

 

ドメイン

インターネットにおける住所のようなもの

IPアドレスと紐づいている

DNSサーバーで管理されている

なかなか普段使っている限りではこういった情報のやりとりというのは

わかりずらいです。

でもwebアプリなどを開発していると、このような情報の流れが目に見ること

ができます。

   

  

もしプログラミングがしてみたい、という方はこちらもご覧ください。

自分で開発することでより深くインターネットの仕組みを理解することができると思います。


HTML,CSSについてもこちらの記事で解説しています。

   

オススメのwebサーバー

こちらの記事で解説しているので、ぜひこちらをお読みください。

 

本日もご一読ありがとうございました。

 

 

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

Translate »