【SEO向上】search console「参照している AMP URL は AMP ではありません」の修正

最終更新日

seo-for-amp

サーチコンソールのエラーを修正してSEOを向上させよう

今回はsearch consoleのエラー、「参照している AMP URL は AMP ではありません」の修正の方法についてご紹介します。

search consoleは、googleが提供しているSEOツールでSEOの向上においては必須のツールなので、もしお使いでない場合、使い方がよくわかっていない場合などはぜひsearch consoleの使用をオススメします。

search consoleの基本的な使い方については、こちらの記事でも紹介しています。

 

今回はsearch consoleのエラーの修正の方法についてですが、その中でもよく起きやすいAMPのエラーの修正の方法についてご紹介していきます。

 

 

search consoleでエラーを修正 AMPとは

エラーの修正方法の前に、まずAMPとは何かという所から、簡単にご紹介します。

AMPとは、webサイトのレスポンシブと似た様なもので、スマートフォンの表示により最適化された表示の形式です。

googleでは、最近よりAMPでの表示を推進しており、SEOのパフォーマンスにも影響する様になってきています。

 

※search consoleのAMPエラーを放置していたのですが、修正した所わかりやすくSEOに良い影響があったのでこの記事を書くことにしました。

 

search consoleでエラーの確認をしてみよう

search consoleのAMPの確認は、左のサイドバーのAMPから表示できます。

AMPを選択してもし問題がある様であれば、右の詳細にこの様にエラーが出てきます。

 

この様にもし、「参照している AMP URL は AMP ではありません」のエラーがあればこちらの記事を参考にエラーの解決に役立ててください。

 

search consoleでまずは検証をしてみよう

エラーがある場合にまず修正などを行う前にやってみることは、問題の検証です。search consoleがインデックスに登録する際にのみ、エラーが起きて実は問題が無いという場合もあります。

 

まずはこちらの画像は検証開始後のconsoleの画像で「詳細を表示」の部分が検証を開始する前は「検証を開始」のボタンになるので、こちらを選択して検証を行いましょう。

 

ページ数によってもかかる時間は変わるのですが、おおよそ2~3日ぐらいかかると思います。

 

検証の結果、何も変わらない様であれば、サイトの修正を行なっていきましょう。

 

wordpressのampサイトはプラグインで作成できる

もし上で検証した後、変わらずエラーが出た場合、AMPページを修正、もしくは新しく作成する必要があります。

 

通常のwebサイトの場合、amp適応にするにはHTMLを書き換える必要があり、かなり手間がかかってしまうのですが、wordpressはプラグインがあります。

wordpressの場合「AMP」というプラグインがあるので、こちらをインストールして有効化しましょう。

プラグインが自動でAMPページを生成してくれるので、かなり便利です。

 

AMPページの作成、修正後、search consoleで検証する

エラーの検証後、AMPサイトの修正、作成が完了したら再度search consoleで検証を行いましょう。

先ほどの検証と同じ流れでもう一度検証してみて、エラーが修正されて問題が解消すれば、有効なページに追加されエラーの表示は消えます。 

 

もし今、search consoleでAMPのエラーが出ている場合は、ぜひ解決しましょう。AMPエラーの改善だけでSEOは大幅に改善されることでしょう。

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

string(1) " "
Translate »