Search Consleを使ってみよう -SEOで検索上位を狙うなら- SEOとは?から使い方まで

最終更新日

Search Consleを使ってみよう -SEOで検索上位を狙うなら- SEOとは?から使い方まで

WordPressをお使いであれば、SEO対策もかなり容易にできます。

もしサイトを開設したばかりであれば、この記事を参考にしていただければSEOについての

知識が少し身に付くと思います。

自分のwebサイトを持っているけど、SEOとかよくわからないという方も是非お読みください。

   

今回はSEOに関して、googleの検索結界表示されるためにどのようにすれば良いのか

ご説明していきます。

 

SEOとは?

そもそもSEOとは?という方のために先に解説していきます。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語で “検索エンジン最適化” という

言葉になります。

 

SEOがなぜ大事かというと、

webの大手検索サイトである、google, yahooに関していえばどちらも

google の検索エンジンを使用しています

そのためgoogleの検索に表示される様にならなければ、できれば上位に入らなければ、

何か調べたいワードがある時に、自分のwebサイト等が検索結果になかなか反映されない

ということになります。

  

つまり、SEOが上手くできていなければ自分のwebサイトが表示される機会がかなり減少する

ということになります。

  

Search ConsoleでSEO対策しよう

Search Consoleとは、googleが提供しているSEOのためのwebサービスです。

普段webサイトを作成されない方は、なかなか触る機会がないと思います。

ここでSearch Consoleの使用手順をご紹介します。

   

1 自分のwebサイトを連携

2 サイトマップをsearch consoleに送る

3 反映されたらエラーなどないか確認する

4 search consoleを使ってみる

  

この様な流れになります。

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

  

Seach Consoleに自分のwebサイトを連携しよう

まず初めにgoogleにサインインした後、Search Consoleに入ります。

Search Consoleで最初に行うことが、使用したいwebサイトとの連携です。

初めにこの様な画面が表示されます。

ドメインを選択し、自身のWEBサイトのドメインを打ち込みましょう。

http://から後の部分だけで良いので、注意です。

   

次に、所有権の確認のためにTXTレコードをコピーします。

使用しているサーバー管理画面にログインし、ドメインの管理から

自身のwebサイトのドメインを選択し、DNSレコードの設定に移ります。

ドメインに関連付いたDNSレコードに新規で追加を選択し、

ここでコピーしたTXTレコードを追加すれば完了です。

それでは、もう一度search console の画面に戻り確認をクリックし、

確認完了の画面が出れば、無事に連携ができたことになります。

 

こちらも少し時間がかかるので、確認の際は少し時間を空けてから確認しましょう。

  

完了できたら、プレフィックスの方でも、URL全てで打ち込み登録してみましょう。

 

 

サイトマップをsearch consoleに送ろう

WordPressをお使いであれば、google XML Sitemapsというプラグインをインストール

しましょう。

このプラグインはSEO対策にはかなり有用ですので、もしお使いでなければ

是非使用することをオススメします。

このプラグインでsitemapを生成することができる他、

google検索クローラーのサイト内の巡回頻度まで詳細に設定できます。

 

sitemapをsearch consoleに送るには、

サイドバーのサイトマップを選択肢、中央に表示されるURLに打ち込みます。

これで完了です。

上手く行けば、下のステータスが”成功しました”となってURLが検出されます。

こちらも反映に少し時間がかかるので、すぐに反映されなくても問題ないです。

少し時間をあけて確認しましょう。

 

Word Pressでは、XML site mapsの他、All in one SEOというプラグインでも

サイトマップの作成ができます。

こちらのプラグインもSEOにかなり有効なのでぜひ使用してみましょう。

使い方に関しては、また別の記事で詳しく書きます。

 

3 反映されたらエラーなどないか確認しよう

URLの検出は上手くされたでしょうか。

それでは、次にエラーなどないか確認しましょう。

サイドバーのカバレッジを選択します。

エラーがもしあれば、この様に赤色で表示されます。

このページの場合であれば、有効のページとエラーのページ両方あるので、

URLの検出はされているが、いくつかのURLが読み込みがされていません。

ということになります。

詳細を見てみると、

URLにno indexタグが付いている、とあります。

wordpressのプラグインなどによって、決められたURLに対してクロールが無効になるよう

設定されているためだと思われます。

 

この様な場合であれば、設定を変えればエラーは解除されます。

もし、エラーが続いたままURLが全く検出されない場合などは、

wordpressの場合、設定から表示設定に行き”検索エンジンでの表示”で、

“インデックスしない様にする”にチェックが入っている可能性があるので、

一度確認してみてください。

    

   

search consoleを使ってみよう

それでは、実際にsearch console の使い方について説明していきます。

サマリーはこのsearch consoleのホームの場所です。

検索パフォーマンスや、カバレッジなど全体の情報が確認できます。

それではそれぞれの機能をみていきましょう。

  

検索パフォーマンス

こちらは、自分のwebサイト内のどのページがgoogleの検索結果に

どのような検索ワードにヒットしたか

どれだけ表示されたか

検索結果での順位は何位だったか

検索結果として表示された後のクリック率 (CTR)

  

という、これらの情報が確認できます。SEOにおいてとても有用な情報ですね。

マーケティングに必須のツールといえます。

 

  

URL検査

ここで、自分のwebサイト内のページがgoogleのインデックスに登録がされているのかを

確認できます。

もし、自分の投稿したページで、検索結果に全くヒットしていないページがあったとすると

何らかの原因で、googleインデックスに登録されていない可能性があります。

そのような時にこのURL検査で、調べたいページのURLを打ち込み検査します。

もし登録されている場合、このような画面が出てきます。

 

もし登録されていない場合、右下の “インデックス登録をリクエスト” をクリックしましょう。

 

カバレッジ

このページでは、先ほどエラーの確認のところで少し説明したとおりなのですが、

・どのページが有効に登録されているか、

・どのURLでエラーが出ているか

・どのページを登録に除外したか

というところの確認ができます。

 

初めの設定で上手く行っていれば、有効な登録の所に数字が表示されると思います。

登録を除外したものは、wordpressについてはプラグインで、複雑なタグ等は

SEOに有効でない場合があるので、no indexとして除外するように設定している場合

にこちらに数が表示されるようになります。

  

サイトマップ

こちらは先ほど説明したとおりですね

サイトマップの送信の際は、こちらから送信します。

  

以上になります。

このあたりで、search consoleの概要をお分り頂けましたでしょうか。

この様な使い方ができるんだ、という程度でも知って頂ければ充分嬉しいです。   

  

もしこれからWordPressで自分のwebサイトを開設したいという方は、

こちらをお読みください。

もうwebサイトはあるけど収益化について知りたいという方は、こちら

その他、初心者向けのwebサイトの作り方なども後悔しているので、興味のある方は是非お読みください。

今回もご一読ありがとうございました。

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする