フィルムの世界に回帰しよう ー人気再燃中のフィルムで写真を撮るー 初心者にもオススメのフィルムカメラも紹介

最終更新日

film-camera

フィルムの世界に回帰しよう ー人気再燃中のフィルムで写真を撮るー 初心者にもオススメのフィルムカメラも紹介

今回はフィルムカメラについてご紹介していきたいと思います。

今の10代の若者たちにとっては、カメラが好き以外にフィルムは触ったことすら

ないんじゃないかと思います。

 

そんな過去の遺物のはずのフィルムカメラで撮られた写真が、今また人気を集めているのをご存知でしょうか。

  

海外のタレントたちが時々フィルムで撮った写真をinstagramにアップしているのを時々見かけます。

 日本でも同じような感じですね。

 

iphoneやデジカメで撮るのと少し違い、なんだかおしゃれな感じにすら見えます。 

 

何と言ってもあのフィルムにしか出せない色合いと味のある風合いはデジタルの

ややビビッド過ぎる画像に見飽きた私たちの心を惹きつけます。

 

 

 

なぜ今フィルムカメラが人気なのか

日本でフィルムカメラ人気が再燃したのは、ある写真家の登場がきっかけでした。

奥山由之 という写真家を皆様はご存知でしょうか。

彼の仕事でポカリスウェットの広告が最近では有名です。

奥山由之写真集 POCARISWEAT

なんとなく見た事がある、という方も少なくないのではないかと思います。

彼がスタイルが注目されるポイントは、今の時代にも関わらず全ての撮影を “写ルンです” や、

チェキといった、インスタントのフィルムカメラでのみ撮影しているところです。

  

仕事に”写ルンです”使うなんてあり得ない!と思う方もいるとは思います。

でも実際には”写ルンです”のみで撮られた、骨太ながらも繊細な彼の写真は、

商業写真の世界でも大注目を浴びたのです!

 

彼が撮影した写真が、当時雑誌でも表紙を飾る事が多く、広告にも数多くの起用

されていました。その結果目に留まった人々が、フィルムカメラの魅力に気づき

人気の火が付きました。

   

    

実は一つじゃない??フィルムの種類を知ろう

フィルムといっても実は、たくさんの種類があります。

みなさんが普通にフィルムといって想像するのは、35mmフィルムと呼ばれるものです。

こちらですね。使い捨てカメラ(写ルンです等)にもカメラにも使われています。

実は写真家やプロが使うカメラのフィルムの種類には、他にもいくつかあるのです。

それがこちら

・35mmフィルム

・中判フィルム (120mm)

・大判フィルム

・ポラロイドフィルム

35mm、ポラロイドあたりはほとんどの人がご存知だと思います。

中判フィルムなどは、カメラに少し詳しい人であれば知っているはず。

大判フィルムはそこそこ詳しいという人でも、触ったことがある人は中々

いないんじゃないでしょうか。

  

今回は最も一般的な35mmフィルムについて見ていきましょう。

  

フィルム選びの基礎知識

フィルムといって大きく分けてもこのような種類がありますが、

またこの中でたくさんの種類があります。

一般的な35mmでも多くの種類があり、始めるたいけどどのフィルムを

使えばいいのかわからないという向けにフィルムの選び方をご紹介します。

 

 ISOを知ろう

  

フィルムを選ぶ基準としてます初めに知っておいて欲しいのが、ISO です。

フィルムにおいてのISOとは、感度の基準を示す数値です。

デジカメを使う上でも、このISOを知っておくとかなり使いこなせるようになるので、ぜひ知っておくと便利です。

フィルムは一般的にISO100 ~ 1600ぐらいまであります。

だいたいISO100,400,800,1600のフィルムが販売されています。

  

この数字が低ければ低いほど画質が上がります。高解像度です。

逆にこの数値が高いほど画質が下がります。低解像度になります。

 

じゃあISOの低いものを使うべき、と思われがちですが実際は違います。

 

価格でいうとISO100の方が、ISO1600よりだいたい安く買えます。

フィルムにおいてのISO感度はそれぞれメリット、デメリットが存在します。

  

ISO100の特徴

メリット

・画質が良い (解像度が高い、粒子が細かい)

デメリット

・暗い場所での撮影が難しい

  

ISO1600の特徴

メリット

・暗い場所でも撮影できる

デメリット

・画質が悪い (解像度が低い、粒子が荒い)

 

それぞれこのような特徴があります。

  

なぜこのようなメリットデメリットが生まれるかというと、絞りやシャッタースピード

といったものも関わってきて、説明が長くなるので、また別の記事で詳しく書いきます。

 

初心者が選ぶべきフィルムは?

フィルムのISO感度にはこれらの特徴がありますが、初心者がまず使うべきフィルムはISO400です

これは理由としては単純で最もバランスが良いからです。

とりあえず迷ったらISO400を選びましょう。

 

どうしても夕方とか暗い場所で撮影したい時は、ISO1600を使いましょう。

  

メーカーについてはそこまで気にする必要はありません。

Fujufilmかkodakは定番なのでオススメです。

  

初心者にオススメのフィルムカメラ

それでは最後にオススメのフィルムカメラをご紹介します。

   

とりあえずフィルムで撮りたい人向け

写ルンです 他インスタントカメラ

  

  

これからフィルムカメラを始めてみようかな?という人向け

コンパクトフィルムカメラ 

canon autoboy

nikon

など

   

   

フィルムさえ入れれば面倒な設定なしで使えるというのがコンパクトフィルムカメラのポイント。

    

もうすでに現行での販売はしていないので、中古カメラでの購入になります。

カメラのキタムラなどで5千円程で充分に購入できるのでオススメ。

他にもメルカリなどでも数多く売っています。気なる方はチェックしてみましょう。

コンパクトフィルムカメラの中には、中古でも5万~ 10万円ほどする高級コンパクトと言われるものも結構あります。

そういったカメラは画質も良くできればオススメですが、とりあえずは1万円以下のもので充分です。

   

高級コンパクト以外のものは、値段もだいたい5千円ぐらいで充分手に入ります。

そしてスペックもそれほど大差はないので、まずは一度使ってみることをオススメします。

  

  

フィルムカメラ始めたいという方にはコンパクトカメラがオススメです

ぜひカメラ屋さんで手にとって触ってみましょう!

   

本格的にフィルムカメラを始めたい人向け

一眼フィルムカメラ 

canon AE-1

EOS-5

nikon FM3

レンズを使う楽しみがあり、フィルムカメラを使いこなしたい人にオススメです。

フルマニュアルの操作などはカメラの楽しみを広げてくれます。

    

 

  

こちらもコンパクトと同じで、原稿での販売はほぼありません。

なので同じく中古での購入です。実際に新品で販売されていた時よりも、

圧倒的に安く帰るのでオススメ、もし使わなくてもインテリアとしても使えます。

 

 

   

以上です。いかがでしょうか。

 

フィルムカメラに少し興味をお持ちいただけましたでしょうか。

 

もし興味を持った方がいればフィルムで写真も撮ってみましょう!

フィルムを始めると写真の楽しみ方も大きく広がります。

 

 

こちらは単焦点レンズの魅力について解説しています。

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

string(1) " "
Translate »