【これさえあれば大丈夫】海外へ一人旅で行く時に準備するもの

最終更新日

Comments: 0

これさえあれば大丈夫。海外へ一人旅で行く時に準備するもの

初めて一人で絵画へ行く時ってとても不安ですよね。。

日本へ一人旅をするのも初めての人であれば、少なからず不安はあるかもしれません。

とはいえ、本当に必要なものといえば、実はそんなに多くはなかったりします。

今回はそんな一人旅初心者の方向けに、自分の経験も踏まえながら、必要な持っていくべきものをご紹介します。

これさえ準備しておけば、なんとかなるだろうぐらいな気持ちで見て頂ければと思います。

まずはこれより大事なものはない、パスポート、ビザ

本当に海外では手荷物の中で一番大事と言っても過言ではないのがパスポートですね。

これだけは、肌身離さず、持っておく必要があります。

あとはビザですね。日本のパスポートは世界最強と言われる程、ビザなしで入国、滞在ができる国が多いですが、未だにビザなしでは滞在が難しい国もそれなりにあります。 

また2週間以上など、長期の滞在となるとビザが必要になってくることが、少なくありません。

ビザの滞在期限は現地でも延長ができる

ビザの滞在期限は、発行する時に選ぶというものが通常ですが、滞在中にトラブルなどでもう少し当初のビザの期限より長く滞在しないといけない。また、思ったよりも気に入ってしまってもっと長くいたい、そう言った時には、実は現地の大使館などでビザの手続きをすyることができる場合があります。

費用も日本で発行する場合と、そこまで変わらない場合が多いので、ぜひ期限が迫ってしまっても、安心して情報を調べて見ましょう。 

海外sim対応のスマホと現地対応のsimカード

海外へ行く際には今の時代スマホは必須のアイテムです。iphoneなどのsimフリー機種であれば、おそらく問題はないと思いますが、国内製品などでは、万が一海外SIMに対応していない場合もあるので、念のためチェックしていきましょう。

もし対応していなければ、中古でsimフリースマホを購入して、テザリングで使用するというのも手です。

あとはSIMカードです。今の時代もちろん現地で販売していることが多いですが、空港で購入するにはもちろん通常よりも高い費用だったり、国によっては観光客向けにボッタくるSIMショップも多いです。

現地用と観光客用で分けて販売している国も多いです。

そこでおすすめなのが、amazonで出発前に現地対応のsimカードを購入しておくことです。

今では、この様に一つの国だけでなく、数十カ国の国で利用できるsimカードを事前にゲットすることができます。

僕も実際に海外へ行く前には、必ずと言っていいほど先に購入しておいて現地でsimを挿入して使う様にしています。

値段も現地で買うより半額以下で買うことができる場合が多いです。 

物価の安い国であれば、現地でショップの店員と仲良くなって現地の価格で買うことができれば問題ないですが、日本人であれば基本的には観光客価格で販売されるので、先に買っておくのが無難です。

海外atm対応のVisaデビットカード

海外へあまり行かない人からすると、現地の通過を手に入れるには、両替をするのが当然と思っている方が多いと思います。 

ですが、実際には両替は手数料が非常に高く、よう外国に行かれる方はできるだけしない様にしている方法です。

特別な理由がない限りは絶対にお勧めしません。 

空港などは安全で、信頼ができる場所でもありますが、通常の場所よりもまた高額な手数料が必要になる場合が多いです。

1万円の両替で千円ほど持っていかれる様な所も多いです。なぜそれに気づかずみんなが両替するかというと、、

現地の通貨になってしまって、頭の中で瞬時に正しいレートでの金額がわからないからではないでしょうか。。

また、レートの低い両替所も探せばありますが、中には悪質なところもなくはないので、お勧めできません。

 

両替をせずとも現地で現地通貨を引き出す方法が、visデビットです。visa出なくても良いのですが、visaが最も普及しているのでお勧めです。 

visaデビットを現地のatmに挿入して、widthdraw 引き出しを選択すると、現地通貨を引き出すことができます。

若干の現地通貨への換金手数料と、atmの利用手数料はかかりますが、両替に比べると半額以下程の料金で利用できることが多いです。

クレジットカードでももちろん可能ですが、キャッシング扱いとなるので、注意が必要です。また海外ATMはスキミングなどの危険性もあるので、デビットカードを数枚、それぞれ金額を分けて持っておくのがベストです。 

最もおすすめなのはソニー銀行のデビットカード

ソニー銀行がオススメな理由は2つあります。 

まずはドル預金が可能なこと。

もう一つは海外のatm利用手数料が他のカードに比べて格段に低いことです。 

ソニー銀行はドル預金が可能

通常の銀行口座では、簡単に外貨建ての預金ができないのですが、ソニー銀行であれば標準で開設と同時にドル預金が可能になります。 

もちろんドル通過でない国の方が多いですが、ドルが通貨でない国であってもドル払いができる国は意外とあったりします。

海外atmの利用手数料が低い

こちらがもっともおすすめに理由なのですが、各銀行のデビットカードは色々あるのですが、ソニー銀行のデビットは海外ATMの利用手数料が他と比べて格段に低いです。

換金手数料+ATM手数料となるので、両替よりは十分に安いのですが、ATMで現地通貨を引き出すには、やはり少し割高になります。

できるだけ一度に多めに引き出してしまうことがオススメです。 

ソニー銀行はお友達紹介プログラムがあるので、ぜひ興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

紹介メールをお送りします。 

紹介された方は、2000円程プレゼントがあるので、オススメです。

https://moneykit.net/visitor/shokai/shokai01.html

一眼カメラ、動画用のgo proなど

海外へ行く魅力の一つは自分の国にはない特殊な風景や、美しい風景を楽しむことではないでしょうか。

せっかくその様な景色を見ることができるなら、思い出や共有のためにできるだけいい機材で、いい形で残すがオススメです。 

スマホでしか基本的に見たりすることはないというのであれば、最新のスマホは十分高画質なので、それだけでも良いかもしれません。

作品として残したい、youtubeなんかで動画をアップロードしたいと言った場合もあるかもしれませんので、そう言った場合はぜひいい機材で残しておきましょう。

持ち運びやすいバックパック、もしくは小さめのキャリー

一つ、二つの都市で、ホテルも大して変わらない旅であれば、キャリーバッグ一つで十分かと思いますが、ある程度長期でホテルもコロコロ変わる場合、大きな荷物は移動の邪魔になります。 

できるだけコンパクトに移動できるサイズのバックパックがオススメです。また大きなキャリーバッグは国によっては、観光客目当てのスリや犯罪の標的になります。

一人旅でできるだけリスクを取らずに旅をするなら、小回りのきく荷物で移動するのが良いでしょう。

バックパックであれば、40L前後であれば、ちょうどいいと思います。

小型のキャリーケースで、背負うことのできるタイプのものも、バックパックタイプの荷物が嫌いな方にはオススメです。

必要な服

どれほど長期で旅に出ると言っても、実際に必要な服の量はそんなに多くは必要ありません。

2〜3日分あれば十分です。 

最近はユニクロのコンパクトに折りたためるダウンなどもあるので、少々寒い場所でも、ダウンを中に着込めば大抵の寒さであれば大丈夫です。 

ホテルで洗濯のサービスのない場合はどうするの、、という人もいるかもしれませんが、どこのホテルでも大抵はシャワー、石鹸ぐらいはあります。

少し手間ではありますが、洗面台で石鹸でゴシゴシ洗えばすぐに綺麗になります。

洗濯機と大して変わりません、むしろ綺麗になるぐらいです。人力なので体力は使います。

あとは部屋で干しておくか、急いでいればドライヤーで乾かせば問題なしです。 

一人旅に必要なものは案外少ない

こうやって考えると、意外に必要なものは少ないです。

恐らく知らない土地に行くというだけで、無駄に多くの荷物を持って行きたくなってしまうのもわかりますが、必要なものといえばこれぐらいあれば十分です。 

あとは、女性であればコスメ系の小物もあると思いますが、機内持ち込みができなかったり面倒なこともあるので、必要なものは現地調達で十分なんとかできます。 

できるだけ身軽に、そして足を使って旅をするのも、楽しみ方の一つです。

ぜひ旅に出て、色々な体験をしてみましょう!

sasurai

旅と写真を愛する人。 web制作の仕事をしています。 写真も撮ります。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

Translate »